Wavy Awards 2015-2016

開催にあたって

ユーザーコミュニティを重視するLightWaveにふさわしく、LightWaveユーザーの声が数多く取り入れられた今回の新バージョン LightWave 2015のリリースを記念し、NewTek.Inc.ならびに株式会社ディストームではもう一度原点に立ち返り、LightWave ユーザーコミュニティ育成に力を注ぎつつ、3DCGクリエイターのサポートと今後の3DCG業界を担うクリエイターの発掘を目指して、LightWave 3Dによる3DCG作品コンテスト「Wavy Awards 2015-2016」の開催を決定いたしました!

「Wavy Awards」は1993年に米国ロサンゼルスにおいて、また国内では1996年に第1回目の開催以降、2010年と2011年に開催した「3DCG AWARDS」を含め、今回で記念すべき第10回目を迎えます。

この「Wavy Awards」は、昨年の第86回米国アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品『九十九』(監督:森田修平 現YAMATOWORKS代表)を始め、現在第一線で活躍されている多くのクリエイターを輩出している3DCG業界の登竜門的な位置づけとして認知されているコンテストです。

今回はプロアマ問わず「動画アニメーション部門」と「静止画部門」の2部門での審査となります。


過去の受賞作品

その他受賞作品一覧