Unreal | LightWave 3D

LightWave®/Unreal Bridge

リアルタイムコラボレーションを実現するLightWave®用Unreal Bridgeプラグイン

LightWave® 2019に搭載されたUnreal Bridgeツールは、昨今急速に進む映像のIP伝送テクノロジーとして世界中の至る所で活用されているNewTek社独自のIP伝送プロトコル「NDI®(ネットワーク・ディバイス・インターフェイス)のメカニズムを採用することで、Unreal EngineとLightWaveの間に比類の無いリアルタイム・ワークフローを提供します。

これによってLightWave側での作業は、リアルタイムにUnreal上に反映されるため、アーティストはストレスを感じることなく何度もトライアンドエラーを繰り返しながら作品の質を高めていくことができます。

FBX New Interchange Bridge | LightWave 3D

改善されたFBXファイル互換

FBXと新しいファイル互換ブリッジ

新たに搭載されたファイル互換ブリッジ機能を介して、業界標準のFBXデータをこれまでとは全く新しいレベルで操作することができます。

  • 入出力の対象およびその方法をインタラクティブに選択可能
  • レイアウトとモデラーから、既存のFBXファイルへ追加機能
  • 複数のFBXファイルからLightWave® のアセットを構築
  • ワークスペースを介してFBXファイルを簡単に読み込み可能
  • サポートする機能:
    • モーフミキサー(Morph Mixer)
    • 頂点マップ(Vertex Maps)
    • スムージンググループ(Smoothing Groups)
    • アニメーションレイヤー(Animation Layers)
    • アニメーションベイキング(Animation Baking)
    • ボーン(Bones)
    • 階層(Hierarchies)
    • メッシュ(Meshes)
    • 中心点(Pivots)
    • メッシュのフリーズ(Mesh Freezing)
Shading Model Customization Tools | LightWave 3D

シェーディングモデルのカスタマイズツール

シェーディングモデルのカスタマイズツール

LightWave® 2019では、ノード編集を使用してマテリアルをバラバラにし、それらを好きなように組み合わせることができるようになりました。

Fresnel Functions(フレネル関数)、Material Components(マテリアルコンポーネント)、および、Material Integrators(マテリアルインテグレータ)へのアクセスが可能となります。

この機能をサポートするために、ノード編集のMaterials(マテリアル)ツールグループが更新され、Add Materials(マテリアル追加), Layer Materials(マテリアルレイヤー), Multiply Material(マテリアル乗算), Scale Materal(マテリアルスケール)などといった新しいノードが追加されました。

OpenVDB Creation | LightWave 3D

OpenVDBの作成

OpenVDBコンテンツの作成

LightWave® 2018では、OpenVDB フォグヴォリュームを読み込みレンダリングする機能が実装されました。 LightWave® 2019では、さらに新機能として、OpenVDBのコンテンツ作成を可能にする一連のノードツールが実装されています。

メッシュ、パーティクル、さらには形状(Shape)プリミティブから、OpenVDBグリッドを作成することができます。

このツールキットは、リアルタイムでのCSGオペレーション、レベルセットトラッキングを含むグリッドフィルタリング、スムージング、膨張、および収縮を可能にします。さらに流体シミュレーション、および煙や火の効果を考慮したソルバーが含まれています。

Metamorphic | LightWave 3D

アニメーション設定可能なスカルプティング/ペインティングツール

メタモーフィック

メタモーフィック(Metamorphic)機能は、これまでの長年のLightWaveの歴史にとって最も大きな拡張機能のひとつです。LightWave レイアウト上で、モデルデータ(オブジェクト)に対して、アニメーション設定が可能なメッシュスカルプティングや、ウェイト/頂点カラー等の頂点マップの作成および編集を可能とします。

  • アニメーション可能なスカルプティング
  • アンドゥ/リドゥシステムのサポート
  • 利用可能な全CPUコアによるマルチスレッドをサポートしたスカルプティング
  • 筆圧をサポートしたブラシサイズ(Brush Size)、強さ(Strength)、硬さ(Hardness)機能 (Windows版のみ)
  • ノードによるブラシテクスチャ(Brush Texture)のサポート
  • キーフレーム(Keyframe)、ミキサー(Mixer)、ソロ(Solo)の3つのアニメーションモードをサポート
  • スカルプトアニメーションにおけるキーフレームのノンリニア補間をサポート
  • スカルプトアニメーションのキーフレームをエンドモーフへ変換
  • ドライバ/ドリブン(Driver/Driven)コントローラ搭載によってデフォーマの後に機能する、予測修正可能なモーフスカルプティング機能をサポート
  • モーションブラーのサポート
Display Scaling | LightWave 3D

ディスプレイのサイズ変更

ディスプレイのサイズ変更

  • HiDPIおよび大画面ディスプレイに合わせた様々なUI(ユーザーインターフェイス)のサイズ変更をサポート
  • マルチモニター使用時において、各モニターのUIのサイズを独立して設定することができます。
Bone System Improved For Games | LightWave 3D

ゲーム開発向けボーンシステムの強化

ゲーム開発のためのボーンシステムの強化

新しくボーンプロパティパネルに追加された制限ボーン(Limited Bones)オプションを利用することで、アニメータはレイアウトにおいて特定のポイントに影響を与えるボーンの数に制限を設定することができます。これにより、ターゲットとなるゲームエンジンの制限に合わせることができ、ゲームエンジンがリグに要求するパフォーマンスとより厳密に一致するよう、リアルタイムに最適化を行うことができます。

シェーディングとレンダリングの強化

Edge Shader Node | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

エッジシェーダーノード

よりリアルな表現を可能にするために、ジオメトリを増やすことなく、レンダリング時においてベベルや丸みを帯びたエッジをシミュレートするノードが追加されました。

Patina Node | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

パティナノード

このノードは半径とオフセットに基づいて、サーフェイスにWear(凸型シェーダー)もしくはDirt(凹型)を追加します。このノードを使うと、石像や銅像などの汚しや錆などを表現することができます。

Procedural Shader Node | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

プロシージャルシェーダーノード

このProcedural(プロシージャル)は、LightWave®の旧バージョン、またはサードパーティのプロシージャルテクスチャを内包し、一般的な入出力接続を持つノードとして表現するノードです。

従来までは、このようなプロシージャルはテクスチャスタックのプロシージャルテクスチャレイヤー内でのみ利用可能でした。

Image Caching | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

画像キャッシュ

LightWaveは非常に高解像度の画像に対してスマートキャッシングをサポートしているため、アーティストはコンピュータシステムのメモリを気にすることなく、テクスチャやその他の用途に使用することができます。

New Compositing Buffers | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

新しいコンポジットバッファ

新しいRhoバッファは、直接(Direct)および間接(Indirect)バッファからライティングおよびシェーディング情報を抽出するためのものです。

また、新しいWeightバッファには、直接(Direct)および間接(Indirect)バッファのサーフェスシェーダー設定の値が含まれています。

これらは負荷の高いコンポジット作業などに役立ちます。

NVIDIA OptiX Denoising | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

NVidia Optix Denoiserを利用したノイズ除去

ノイズフィルタに対し、静止画像のレンダリング時におけるAIアクセラレートノイズ除去用のNVIDIA OptiXライブラリを使用した新しいオプションが追加されました。このオプションを利用するためには、OptiXをサポートしているNVidia社製グラフィックスカードが必要となります。

Despike | LightWave 3D

シェーディングとレンダリングの強化

スパイク除去

この新しいレンダラオプションは、レンダリング時に鏡面反射や透明度のサーフェイスに現れるホットスポットと呼ばれる白点を減らしたり、または削除するためのツールです。

フィジカルスカイとサンライト

Physical Sky | LightWave 3D

フィジカルスカイとサンライト

フィジカルスカイ

フィジカルスカイ(Physical Sky)は、 物理的に正確な空を作り出し、簡単に異空間の空を表現することができる環境用プラグインです。

このプラグインは、特殊効果(Effects) > 背景(Backgroud)タブの環境プラグイン(Environment)からアクセスすることができます。

Physical SunLight | LightWave 3D

フィジカルスカイとサンライト

フィジカルサンライト

サンライト(SunLight)は、最先端の科学的手法を採用した太陽をシミュレートする新しいライトタイプです。

ライトプロパティ(Light Properties) > ライト種(Light Type)より選択することができます。

モデラーにおけるゲーム開発強化ツール

Enhanced UV and UDIM Mapping Workflow | LightWave 3D

モデラーにおけるゲーム開発強化ツール

強化されたUVとUDIMマッピングワークフロー

モデラー(Modeler)は、UVマップおよびUDIMタイルマッピングを編集するための様々な新しいツールが追加されました:

  • UV反転-U(FlipUV-U)
  • UV反転-V(FlipUV-V)
  • UDIM移動(MoveUDIM)
  • UV回転(Turn Poly UV)
  • UVアイランド選択(SelectUV Island)
  • UVオーバーラップ選択(SelectUV overlap)
  • UVマップ分散(SpreadUV)
  • 長方形UVグリッド(Rectangular UV Grid)
  • UVの新しいビューモード:
    • スケッチ(Sketch)
    • スケール(Scale)
    • 角度(Angle)
    • オーバーラップ(Overlap)
Smoothing Groups | LightWave 3D

モデラーにおけるゲーム開発強化ツール

スムージンググループ

モデラーは、メッシュ内のスムージンググループ(Smoothing groups)の作成をサポートするようになりました。

スムージンググループ(Smoothing groups)を利用することで、折り目やハードエッジを作成したり、モデル上の輪郭をより正確に制御できるようになります。

お望みの外観を作り出すために、従来のようにスムージング角度を個別に調整したり、余分なジオメトリを追加したり、またはモデルを分割する必要はなくなります。

スムージンググループは、OBJファイルのインポート時には頂点法線マップ(Vertex Normal Map)を使用して自動的に作成することも、またはスムースしきい値(Smoothing Threshold)を使用して手動で作成することも可能です。

スムージンググループは、これをサポートする他のソフトウェアと互換性を保ち、さまざまな状況のゲームエンジンにおいて使用されます。

新しいプリミティブとツール

Empty Volume Shape Primitive | LightWave 3D

新しいプリミティブとツール

空(から)のヴォリューム(Empty Volume)形状プリミティブ

LightWave 3D® 2019では、新しい形状プリミティブとして、手続き型サーフェス形状の作成時に使用する空のヴォリューム(Empty Volume)が追加されました。

空のヴォリュームプリミティブは、シーン上で直接使用することができるだけでなく、メッシュをヴォリュームに、またはその逆に変換する必要があるワークフローにおいても利用することができます。

さらに空のヴォリュームは、レイアウトでブーリアン演算をリアルタイムに実行することも可能です。

New Tools for Shape Primitives | LightWave 3D

新しいプリミティブとツール

形状プリミティブ用の新しいツール

空のボリューム形状プリミティブを使うと、熟練したベテランユーザーであれば、レンダリングSDFシェイプとボリューメトリクス用に、独自の距離推定用のノードを組むことができます。

新しいDistance Tools(距離ツール)ノード:

  • Mobius(メビウス)
  • Capsule(カプセル)
  • Shape CSG (Constructive Solid Geometry) (CSG形状)
  • SmoothMin, a soft blending node.(最小スムース ソフトブレンディングノード)

ワークフローとUI (ユーザーインターフェイス)の改善

Expanded Undo Layout System | LightWave 3D

ワークフローとUI (ユーザーインターフェイス)の改善

拡張したレイアウトのアンドゥ・システム

レイアウトのアンドゥ・システムは、移動やキー設定時など、さまざまな場面で使用できるようになりました。また、以下の操作において、アンドゥを無制限にご利用いただけます:

  • グラフ編集
  • シーン編集とシーン編集クラシック
  • ドープシート
  • レイアウト上のナビゲーションツール
Node Graph UI Options | LightWave 3D

ワークフローとUI (ユーザーインターフェイス)の改善

ノード編集のUIオプション

  • ノードの再配置(Tidy Nodes)コマンド:ばらばらに散らかっているノードツリーを、真っ直ぐに整列し、左から右へと読みやすく並べ替えるツールです。
  • 背景グリッド(Background Grid):インターフェイス色のカスタマイズからノード編集の背景やグリッドの色を調整できます。
  • グリッドにスナップ:このツールを有効にすると、ユーザーが設定するグリッドサイズへノードをスナップさせることができます。