LightWave 2019 新機能・改善点動画

メタモーフィックの紹介

LightWave 2019では、レイアウト上で、モデルデータ(オブジェクト)に対して、アニメーション設定が可能なメッシュスカルプティングや、ウェイト/頂点カラー等の頂点マップの作成および編集が可能になりました。

アンリアルブリッジの紹介

LightWave 2019で実装されたUnrealブリッジツールを利用することで、Unreal EngineとLightWaveの間に比類の無いリアルタイムワークフローを提供します。

ファイル互換ブリッジの紹介

LightWave 2019では、FBXファイルの入出力にも改善が施され、ファイル互換ブリッジ(Interchange Bridge)という名のインターフェイスを利用して、FBXファイルを簡単に入出力できるツールが実装されました。

スムージンググループの紹介

スムージンググループ(Smoothing groups)を利用することで、折り目やハードエッジを作成したり、モデル上の輪郭をより正確に制御できるようになります。

ポップアップメニューの改善

LightWave 2019では、ポップアップメニューを表示している時に、キーボードの上下矢印キーやマウスホイールを利用してアイテムを移動でき、ポップアップメニューを表示中に文字を入力することで、フィルタリングモードに切り替わり、入力した文字列を含むアイテムをリストアップすることができます。

アンドゥシステムの改善

LightWave 2019では、レイアウトのアンドゥシステムの改善がおこなわれました。従来のレイアウトのアンドゥシステムは、移動や回転等のトランスフォームのみでしたが、ドープシートやシーン編集、グラフ編集といった様々なツールでアンドゥ・リドゥがおこなえるようになりました。

ノード編集の改善

LightWave 2019では、ノード編集上でグリッドスナップの導入やグリッドサイズの変更、そして、選択したノードをキーボードショートカットのカンマ(,)キーで、アップストリームを太い線で描画したり、キーボードショートカットのピリオド(.)キーで、ダウンストリームを太い線で描画することができるようになりました。

GPUによるノイズフィルタリングの紹介

LightWave 2019では、ノイズフィルタリングの処理をGPUで処理させるオプションが追加されました。 ノイズフィルタリングの機能は、LightWave 2018で搭載された機能ですが、CPUのみ対応でした。LightWave 2019では、GPUの処理も追加されました。 CPUの処理に比べて、レンダリング時間の短縮や、ノイズ除去の精度が向上しています。 ノイズフィルタリングの処理をGPUで処理させるには、Kepler搭載のNVIDIA社製グラフィックスカードが必要になります。 なお、この機能はWindows版のみの機能になります。