LightWave 2019.1 新機能と改善点動画

レイヤーパネルの改善

LightWave 2019.1では、多くのお客様からの要望にお答えし、レイヤーパネルでの操作が大幅に改善されました。レイヤーパネル右上のドロップダウンで、リストモードになっている時は、レイヤーをドラッグアンドドロップすることで、レイヤー間の移動や交換をおこなうことができるようになりました。レイヤーパネル右上のドロップダウンで、階層モードになっている時は、レイヤー間の移動や交換はできませんが、レイヤー上へドラッグすることで、親子関係を設定することができるようになりました。

頂点マップパネルの改善

LightWave 2019.1では、頂点マップパネル内で頂点マップを右マウスクリックで表示されるコンテキストメニューから、マップで選択(Select By Map)を選択することで、頂点マップに含まれているポイントやエッジ、ポリゴンを選択することができるようになりました。

OpenGL UI表示のご紹介

LightWave 2019.1では、ビューポートメニューにOpenGL UI表示オプションが追加されました。このOpenGL UI表示は、レンダリング時には表示されないエレメント(グリッドやモーションパス、カメラやライトやボーンやNullなどのアイコン)をOpenGLの表示から隠すことができるようになりました。

LightWave 2019 新機能動画

メタモーフィックの紹介

LightWave 2019では、レイアウト上で、モデルデータ(オブジェクト)に対して、アニメーション設定が可能なメッシュスカルプティングや、ウェイト/頂点カラー等の頂点マップの作成および編集が可能になりました。

アンリアルブリッジの紹介

LightWave 2019で実装されたUnrealブリッジツールを利用することで、Unreal EngineとLightWaveの間に比類の無いリアルタイムワークフローを提供します。

ファイル互換ブリッジの紹介

LightWave 2019では、FBXファイルの入出力にも改善が施され、ファイル互換ブリッジ(Interchange Bridge)という名のインターフェイスを利用して、FBXファイルを簡単に入出力できるツールが実装されました。

スムージンググループの紹介

スムージンググループ(Smoothing groups)を利用することで、折り目やハードエッジを作成したり、モデル上の輪郭をより正確に制御できるようになります。