LightWave 2018 新機能動画

改善されたエッジレンダリングの紹介

LightWave 2018 新機能紹介ビデオの第3弾と致しまして、「改善されたエッジレンダリング」を紹介するビデオを公開いたしました。
LightWave 2018では、エッジレンダリングに関して改善・改良がおこなわれました。以前のバージョンでは、サブパッチオブジェクトと各エッジを組み合わせることで発生していたエッジのサイズ幅の問題をLightWave 2018では改善しています。また、交差エッジについても、以前のバージョンでは要らない箇所まで交差エッジが描画され、制御することができなかった交差エッジは、LightWave 2018では改善しています。

グローバルエッジ倍数の紹介

LightWave 2018 新機能紹介ビデオの第3弾と致しまして、「グローバルエッジ倍数」の機能について紹介するビデオを公開いたしました。
LightWave 2018で改善されたエッジレンダリングに新機能として「グローバルエッジ倍数」機能が実装されました。この機能は、シーン全体のエッジのサイズ幅を制御できる機能です。例として、複数のオブジェクトに設定されたエッジのサイズ幅を一括で変更することができる機能です。

エッジ垂直ポイントの紹介

LightWave 2018 新機能紹介ビデオの第3弾と致しまして、「エッジ垂直ポイント」の機能について紹介するビデオを公開いたしました。
LightWave 2018で改善されたエッジレンダリングの新機能として「エッジ垂直ポイント」機能が実装されました。この機能は、「グローバルエッジ倍数」と似た機能になりますが、レンダリング解像度を変更した時に発生するエッジのサイズ幅の変化を、レンダリングの基準となる解像度を設定しておくことで、解像度の違いによるエッジのサイズ幅の変化を抑えることができる機能です。

陰影付きサーフェイスの紹介

LightWave 2018 新機能紹介ビデオの第3弾と致しまして、「陰影付きサーフェイス」の機能について紹介するビデオを公開いたしました。
LightWave 2018で改善されたエッジレンダリングに新機能として「陰影付きサーフェイス」機能が実装されました。この機能を有効にし、マテリアルを「メッシュエレメントスイッチ」ノードに変更することで、ノード編集を利用して各エッジに対してサーフェイスを割り当てることができる機能です。

レイアウトビューを利用したカメラマップチュートリアル

LightWave 2018 新機能紹介ビデオの第2弾と致しまして、レイアウトビュー」を利用した、カメラマップのチュートリアルの動画を公開いたしました。
LightWave 2018で実装されたモデラーのビュータイプ「レイアウトビュー」を利用して、レイアウトのカメラビューをモデラー上で確認しながらモデリング作業をおこないます。
このチュートリアルは、神風動画様のオリジナルアニメーション「COCOLORS」で、CGアニメーションディレクターを務められ、現在はフリーランスで活動されている「石黒英彦」様原案のカメラマップのチュートリアルを元にディストームで再編集したチュートリアル動画です。

サブリメイションセルシェーダーのご紹介

LightWave 2018 新機能紹介ビデオの第1弾と致しまして、「サブリメイションセルシェーダー」の機能について紹介するビデオを公開いたしました。
「サブリメイションセルシェーダー」は、サブリメイション様の社内インハウスツールとして開発され、劇場公開版の映画やテレビ番組で数多くの使用実績を誇る「サブリメイションセルシェーダー」を、サブリメイション様のご厚意により、LightWave 2018で実装しました。