LightWave 3D 学習本

 


LightWave 3D 学習本

このページではLightWave 3Dの機能を解説した本をご紹介しております。

※弊社では各書籍のお問い合わせは一切受け付けておりません。在庫等のご確認は各出版社様にお願い致します。
※全国主要書店またはAmazonでお求めください。
※書籍によっては、使用されているLightWave 3Dが過去のバージョンのものとなります。詳しくは各書籍の詳細ページをご参照ください。



ビーエヌエヌ社

LightWave★Beginners[改訂第3版]

発刊日:2012年3月23日

本書は、LightWave初心者に向けたチュートリアルブックです。ソフトが持つ全ての機能を解説するのではなく、初心者がつまずきやすいポイントに的を絞って、モデリング、テクスチャ、ライティング、アニメーションの基礎を実践的に解説します。2004年刊行の初版から、解説の題材となるのは、CG制作の第一線で活躍する筆者独自の世界観を表現した、作り起こしの楽しいキャラクターたち。飽きずに学べる3DCG解説書です。

※本書は、2004年9月刊行の同名書籍の絵柄を新たに作り起こし、解説内容に加筆・修正を行った改訂版となります。

本書は弊社オンラインストからも購入することができます。

LightWave Uppers -プロのCGテクニック:リアルキャラクター作成からアニメーションまで -

発刊日:2009年8月26日

本書は、初心者向け3DCG解説書『LightWave ★ Beginners』を卒業した、中・上級者のための書籍となります。クリーチャーと女戦士が路地裏で戦う、という場面作りを想定して、背景とキャラクターを作り、質感を与え、セットアップを行い、アニメーションをさせ、合成する、という作品として作り上げるために必要な工程をプロの視点で追いました。LW9.6で加わった新機能や、他ソフト(modo、3ds Maxなど)との連携についても解説しています。作品作りにも仕事でも有用な1冊です。サンプルデータは本書に記載されたURLよりダウンロードできます。

LightWave 3D Super Graphics

発刊日:2007年4月10日

初心者のミカタ!LightWave★Beginnersが帰ってきました!!本書は、ウサギ王作りおろしのかわいいキャラクタを作例とした、LW最新バージョンに対応の改訂版となります。お話仕立ての構成と作るのが楽しくなるような、かわいいキャラクタであきずに学べる1冊です。

LightWave 3D Super Graphics

発刊日:2004年9月10日

本書は、LightWave 3D [8]の初心者ユーザ向けに、キャラクタやムービーを作りながら、楽しく理解が進むように、基本操作からアニメーションの作成までを懇切丁寧にレクチャーします。1冊の本がそのままストーリー仕立てになっており、各シーンに登場するキャラクターを作る過程にソフトの機能や使い方の解説がふんだんに盛り込まれています。楽しく、飽きずに学べる1冊です。

LightWave 3D Super Graphics

発刊日:2006年7月25日

本書はLightWave 3DとPhotoShopを使い、手書き風背景イラストを制作する方法を解説します。

ゲームやアニメーションの背景を描くには、習熟した技術と経験が必要です。写真を加工して背景に利用する方法もありますが、手書きキャラクターにはミスマッチとなる場合があります。本書は、キャラクターイラストとマッチする手描き風背景を制作するため、LightWave 3Dで「正確なパース」付けをし、PhotoShopで彩色していく方法を説明します。

キャラクターをつくろう!2Dから3DCGをつくる

発刊日:2005年6月8日

2Dから3DCGへ、グラフィカルに作るキャラクターモデリング。

本書は、萌王で使用されたイラストレーションを元に、3DCGを制作することにより、キャラクターモデリングの基礎を学ぶ書籍となります。本書においては、モデリング、ポーズ、レンダリングという初心者が学びやすい部分から説明をしていき、その上で2Dから3DCGへ、また3DCGから2Dへという、デジタル・イラストレーションを制作する上で、必須となる技術を学ぶことが出来ます。

LIGHTWAVEでいこうぜ!

発刊日:2003年9月1日

本書は前作「LightWaveでいこう!」の改訂版で、バージョン7.5対応の書籍になります。12人もの人気クリエイターの方々と笹原氏の対談も収録。それだけでも読む価値ありの1冊です。更にドラッグ・オン・ドラグーンの劇中ムービー解説も収録!


工学社

Lightwave3D CGテクニック

発刊日:2010年6月5日

「LightWave 3D」は、映像やゲーム制作で使われている高性能な3D-CGソフトで、多くの便利な機能があります。

たとえば、1.「パーティクル」や「ハイパーボクセル」を使った、爆発や布の動きをシミュレートする「ClothFX」の物理演算や、2.現実の光の照り返しなどを計算してリアルに表現する「グローバル・イルミネーション」、3.髪の毛を表現する「FiberFX」、4.リアルな肌や液体の質感に使われる「SSSノード」など、クオリティの高いCGを作るのに便利な機能があります。

本書は、初級者から中級者向けに、基本的な操作を解説しています。


ソフトバンククリエイティブ

LightWave 3Dスーパーテクニック −由水桂編−

発刊日:1999年10月29日

CGクリエイターを目指す方を対象に,国内LW若手クリエイターとして注目される由水桂氏により,LightWave 3Dの基礎から,美少女「霧島あさひ」の制作までを徹底解説! あわせて付録CD−ROMには本書解説の基本モデリングデータ,ムービなどを収録!

LightWave 3Dスーパーテクニック −北田清延編−

発刊日:2000年9月24日

CGクリエータを目指す読者を対象に、国内LWクリエータとして伝説的な編者が、LightWave3D(6)Intel版の基礎(モデラー、レイアウト)から、プラグインの活用、メイキング・オブ・BLACK‐LOTUS、そしてビデオ機材の活用まで徹底解説!編者の過去の作品までを収録。

INSIDE LightWave 3D 第2版

発刊日:2001年9月25日

本書は、LightWave6.5bに対応したLightWaveの解説書だ。モデリング画面、レイアウト画面の解説からカメラワークや、色、質感編集といったLightWaveの基本機能の解説、構造物のモデリングや生物のモデリング、メカのモデリングなどかなり実用的なモデリング手法の解説まで、幅広く扱っている。さらに、アニメーション手法の基礎からレンダリングしたアニメーションの編集、アウトプットについても解説しており、付録にはエクスプレッションやLscriptの使い方も掲載している。


ソーテック社

LightWave 3D スーパーテクニック v8.5/9/9.2対応

発刊日:2007年6月18日

本書では、私も尊敬する同年代のクリエイター「ソネハチ」氏に参加いただき、キャラクター制作の解説を書き上げてもらいました。ソネハチ氏は、美少女キャラクターの制作では日本屈指の著名なクリエイターです。彼の制作に対する熱意は、とても勉強になりましたし、良い刺激をいただきました。

LightWave3D Ver.8 スーパーテクニック for Windows & Macintosh

発刊日:2004年10月

LightWave 3Dによる3DCG制作法をプロが伝授!さまざまな作例によるモデリングやアニメーション作成チュートリアルで、操作の基本から応用テクニックまでを詳しく解説しています。

LightWave3D Ver.7.5 スーパーテクニック for Windows & Macintosh

発刊日:2003年1月

LightWave 3Dによる3DCG制作法をプロが伝授!さまざまな作例によるモデリングやアニメーション作成チュートリアルで、 操作の基本から応用テクニックまでを詳しく解説しています。

LightWave3D Ver.6 スーパーテクニック for Windows & Macintosh

発刊日:2000年8月

LightWave3D解説書の決定版。Ver.6による基本的なモデリングからアニメーションまで、さまざまな作例を通じて紹介しています。ビギナーはもちろん、バージョンアップユーザーも役に立つ詳細なリファレンスも充実しています。

LightWave 3D 6 アニメーションテクニック

発刊日:2000年6月

本書はストーリー構成から始まり、素材作成、LightWave 6を用いたモデリングとアニメーション化、そして公開まで、1つの動画作品を完成させるまでの全工程について詳細に解説しています。はじめて3Dにチャレンジされる方から、静止画は作れるけど動画は未経験といった中級者まで、本書があれば躍動感あふれる3Dアニメーションを思いのままに作ることができます。


アスペクト

LightWave 3D 8 パワー・クリエイターズ・ガイド

発刊日:2004年8月7日

「前作『LightWave 3D Ver7.0 パワー・クリエイターズ・ガイド』に続く、“パワクリ”久々のLightWaveテクニック集!プロの最前線で活躍するLightWaveクリエイター精鋭陣が、自らの秘蔵テクを惜しげもなく大公開!超基本から応用テクまで、全LightWaveユーザーに捧げる究極バイブル。

LightWave 3D 8 パワー・クリエイターズ・ガイド

発刊日:2002年1月1日

本書ではテレビや映画など各界で活躍中のLightWave3Dの使い手11人が、それぞれの制作手法を公開。最新のVer.7.0で追加された機能をフルに使っているものからトラディショナルな技まで多種多様。また、具体的な制作手法だけでなく、映像作品を作るうえでの発想のヒントや注意点などもコラムとして掲載。


エムディエヌコーポレーション

3D基礎トレーニングブック LightWave 3D 教室【モデリング編】

発刊日:2007年5月1日

軽快な操作感とアニメーション作成にも優れた3Dアプリケーションとして人気を誇る LightWave 3D。本書はまったくの初心者を対象に、モデリング機能の基礎から応用までを具体的な作例をもとにわかりやすく、ていねいに解説した、チュートリアルの決定版です。付属CD-ROMに収録されたレッスン用データを使って、ステップバイステップで読み進めれば、初心者の方でも簡単にLightWave 3Dの基本的な使い方が習得できます。

3D基礎トレーニングブック LightWave 3D 教室【アニメーション編】

発刊日:2001年12月

本書は、モデリングからアニメーションまで多彩な機能を兼ね備えたLightWave 3D 7の、アニメーション機能に的を絞ったチュートリアルブックです。アニメーションの基本からインバースキネマティクス、レンダリング、ライトなど、アニメーション制作に必要な知識を付属のCD-ROMのサンプルを用いて制作することで習得することができます。

LightWave 6.5 MAGIC

発刊日:2007年5月1日

本書はLightWaveのいままで難解と思われがちだった表現、例えば毛髪の表現や爆発の光、歯車の動きや空模様の変化など、21種類のエフェクトとモーションの作例をピックアップし、簡潔に解説しました。LightWaveの基本操作をほぼ習得したひとが対象のため、あえてモデリングの解説は割愛しました。おもな構成は一章一作例で、どの章からも始められます。CD-ROM にはモデリングデータが収録されており、ヘビーユーザーにも、価値があります。

LightWavers' Workshop ライトウェーバーズ ワークショップ

発刊日:2007年5月1日

本書は「ユーザーズガイドの次に読む本」というコンセプトのもとに制作されています。ユーザーズガイドはこなしたが、次のステップに踏み出せないというユーザーのために、LightWave 3Dに精通しているライター陣が、3DCG制作上のTipsや常識を披露しています。


ソシム

LightWave3D ver.7 キャラクターアニメーション

発刊日:2001年12月

アニメーションをつくるうえで必須のBoneやexpressionを駆使し、LightWaveでハイエンドソフトのような高度なキャラクターアニメーションを製作する方法を紹介。