LightWave 2015 新機能詳細

 
LightWave - 2015 Features Overview

LightWave 2015について


LightWave 2015は、あらゆる3Dソフトウェアの中でシンプルな操作性と安定性と いう点に最もウェイトをおいて機能の検討を重ねつつ、米国テレビシリーズ制作 に携わるアーティストはもとより、日本国内にあるアニメスタジオのアーティス ト達からの要望も数多く取り入れた、パワフルかつかゆいところに手が届く、ユー ザー待望の機能が満載のバージョンです。
Bullet物理演算に新たな機能「コンストレイント(スプリングやヒンジなど)」 の搭載、リグセットアップシステム「GENOMA」の大幅な改善と強化、ジオメトリ の交差箇所におけるセルエッジを実現する「交差エッジ」機能、背景画像を利用 してシーン上の床面やオブジェクトを簡単に配置可能な「パースペクティブとの マッチング」機能、ペアレント作業をインタラクティブに設定可能な「インタラ クティブなダイナミックペアレント」、ボーンに対するダイナミクスの設定(ボー ンダイナミクス)などといったパワフルな新機能の搭載に加え、アイテム検索機 能、モデラー上でダブルクリックによる選択解除、イメージビューワーからのコ ピーアンドペーストといった、クリエイティブな制作作業の効率化を図るよう、 細やかに配慮され設計された機能が搭載されています。
シンプルな操作性と堅牢なワークフローを提供するLightWave 2015は、ビジュア ルエフェクト、モーショングラフィック、ゲーム開発といったエンターテイメン ト系から、建築ビジュアライゼーション、プロダクトデザイン、広告、マーケティ ング、医療など幅広い分野にわたって、クリエイティブな作業をサポートしてく れる、まさに「アーティストの、アーティストによる、アーティストのためのク リエーションツール」となっています。

BULLET

コンストレイントとモーター


物理演算シミュレーションに、ポイント(Point-to-Point)、ヒンジ(Hinge)、ス ライダ(Slider)、コーンツイスト(Cone Twist)、スプリング(Spring)、さらに 6自由度(Six Degrees of Freedom(DOF))といった新しいコンストレイントの種類 がサポートされました。このコンストレイント機能の強化により、車のサスペンショ ンを地形に沿わせて動かしたり、人形が階段から転げ落ちるようなシミュレーショ ンを、よりパワフルに演出できるようになりました。

コンストレイントの種類

ポイント
(Point-to-Point)
ボールソケット型ジョイントとして知られているオプションです。アイテムを互いに接続することができます。
ヒンジ
(Hinge)
特定の軸だけに対して回転の制限を与える事ができます。ドアの開閉のような動作には最適です。動力付きの運動にも使用できるので、モーターなどにも適用することができます。
スライダ
(Slider)
特定の軸に沿ってスライドさせている間、その軸において回転させることができます。メカニカルな動きのシミュレーションに最適です。
コーンツイスト
(Cone Twist)
ハイブリッド型ポイント(Point-to-Point)コンストレイントオプションです。この機能はコーンアングル内における動作を制限することができます。人形のような手足の動きを表現するには便利です。
スプリング
(Spring)
オプション名が示す通り、スプリング(ばね)のような動作をシミュレーションします。このコンストレイントは、車のサスペンションやメカニカルな動きをシミュレーションするのに最適です。
6自由度
(Six Degrees of Freedom)
他の属性を複数混在させることで制限を行う汎用的なコンストレイントです。全ての軸に対し、移動や回転に制限を与えます。

重点サンプリング機能

より良く、より綺麗になったレンダラー


大域照明のオプションである背景のぼかし(Blur Backdrop)オプションが、重点サンプリング(Importance Sampled Background)オプションへと変更されました。このオプションを利用することで、グローバルイルミネーション(大域照明)とハイダイナミックレンジイメージ(HDRI)、また様々な背景照明によるシーンのライト品質が改善されています。アンチエリアシング処理による複雑な設定を必要とすることなく、様々なライティングの輝度の強弱から生じるノイズや斑点を除去し、よりクリーンに、より正確にレンダリングされるようになります。

Importance Sampling Importance Sampling

真ん中の白いバー(線)を左右にドラッグすることで、重点サンプリング無し/有りの効果を確認することができます。

パースペクティブとのマッチング

数分で背景画像に合わせたパースを設定


これまで背景画像に対してLightWaveのシーン上を合成させることは経験と熟練 のテクニックを必要としていました。この「パースペクティブとのマッチング」 機能の実装によって、背景画像に対して、シーン上の床面やオブジェクトの配置 を一致させる事で、合成時に面倒なカメラの位置や回転などの配置を効率良く合 わせることができます。この新しい「パースペクティブとのマッチング」によって、面倒なマッ チング作業を解消してくれます。画面上に表示されるハンドルを利用すれば、 LightWaveのカメラを写真のパースに対して非常に簡単に合わせることが可能に なります。

GENOMA 2

高速かつ柔軟なリギングツール


キャラクタアニメーションの複雑なリギングを構築する際、プリセットを利用して素早く設定することができるGENOMA1のリギングシステムモジュールに加えて、LightWave 2015には新たなGENOMA2 リギング開発キット(RDK)が搭載されました。リギングに精通している方であれば、GENOMA2を使うことで、数学的エクスプレッションやスクリプトを組み入れ、どんな複雑なキャラクタアニメーションのパイプラインにもフィットするカスタムプリセットを生成することができます。GENEMA2には新しい機能が追加されているだけでなく、人型、動物、節足動物といったプリセットリグにも改善が施されています。

エッジのレンダリング

改善


Intersection Edge(交差エッジ)

同じオブジェクト同士、また別のオブジェクト同士におけるジオメトリの交差箇所をVPR上で確認したり、レンダリングで確認できるようになりました。これにより、今まで以上にセルレンダリングをコントロールできるようになります。


Patch Borders(パッチ境界)

サブディビジョンパッチの境界線をレンダリングできるようになりました。メッシュのトポロジを表示させたい方には最適です。


Edge Buffer(エッジバッファ)

レンダリングした全てのエッジ情報をバッファとして保存することができます。これにより、エッジに対して合成ソフトウェアを使って後処理を行うことが可能になります。

インタラクティブなダイナミックペアレント

ペアレント作業の簡易化


Parenterプラグインを利用した親子関係の作業のワークフローを大幅に改良しました。シーン上のハンドルを利用してダイナミックペアレント(動的な親子関係)を直感的に設定できるようになり、アニメーション制作の作業効率を飛躍的にスピードアップさせることができます。

強化点

機能改善


64ビット版 QuickTimeの対応

LightWave Windows 64ビット版のご利用において、QuickTimeが利用できるようになりました。LightWave 2015にて、QuickTimeムービーの読み込みや保存が、他のファイルフォーマットと同じように扱えるようになりました。


Patch Borders(パッチ境界)

サブディビジョンパッチの境界線をレンダリングできるようになりました。メッシュのトポロジを表示させたい方には最適です。


テクスチャフォールオフの搭載

モデラー上で、フォールオフ機能においてテクスチャ編集がサポートされました。これにより、モデリングのオペレーション時に、画像、プロシージャル、グラディエントを利用してフォールオフの効果を与えることができます


サーフェイス毎のクリップマップ制御

今までクリップマップはオブジェクト単位で使用してきましたが、LightWave 2015からはオブジェクトに加えて、色・質感編集の属性やノードを利用して、各サーフェイスに対して使用することができるようになりました。


カメラのオーバースキャン機能搭載

ズームファクターの影響を受けずに、カメラに対しオーバースキャンを設定できるようになりました。これにより、オリジナルの解像度のピクセルまたはパーセンテージのいずれかを指定することで、オリジナルの解像度の外側部分をレンダリングできるようになります。


VPRでのアルファチャンネルレンダリングの対応

VPRでアルファチャンネルをレンダリングできるようになりました。アルファチャンネルをサポートしているファイルフォーマットで保存することが可能です。


スプラインコントロールの改善

スプラインコントロール用として活用できるよう、モデラーで作成したスプラインを変換できるようになりました。これにより、正確なスプラインパスをモデラーにて作成することができます。


データ互換性の改善

Alembic 1.5、FBX 2015、Unity 5、GoZ Multi-Toolに対応しました。


VPRでの変形ジオメトリのモーションブラーの対応

VPR上にて、変形したジオメトリのモーションブラーを表示できるようになりました。これにより、最終レンダリングにより近い品質をVPR上で確認することができます。


FIBER FX APIの公開

SDKに包括的APIが新たに搭載されたことで、サードパーティ製のレンダリングエンジンにおいてFiberFXデータをレンダリングできるようになります。

ワークフローの改善

 


LightWaveではリリースする度に、ユーザーからの意見を取り入れ、ワークフローにおける多くの機能について見直しを行っております。LightWave 2015における主な改善点は以下の通りです:

  • グローバルでミップマップの切り替えができるようになりました。
  • シーン編集クラシックで、表示非表示やロックの処理を複数選択で設定できるようになりました。
  • 複数のビューポート上においてVPRで確認できるようになりました。
  • モデラー上でマウスのダブルクリックによる選択の解除ができるようになりました。
  • ビューオプションポップアップからビュー配置を変更できるようになりました。
  • モデラーでモーフモードをヘッドアップ表示できるようになりました。
  • ドープトラックでキーのコピー/貼付け処理が複数選択に対応しました。
  • 画像編集で検索とフィルタリングオプションが搭載されました。
  • カメラとライトがそれぞれ単体毎にビューポートに対応するようになり、一度に複数のカメラやライトを確認できるようになりました。
  • 保存や消去/終了パネルを拡張し改善しました。
  • アイテムを開く(Load From Scene)パネルで検索と名称変更の機能を搭載しました。
  • Image Viewer上でクリップボードへコピーする機能を搭載しました。
  • モデラーで、マウスホイールズームに対応しました。
  • いくつかのモデラーツールで、複数レイヤーに対応しました。
  • 頂点マップパネルで複数選択処理を搭載しました。
  • モデラーにおけるフォールオフ機能を改善しました。
  • メニュー編集、ショートカットキー編集やプラグイン編集パネルで検索機能を搭載し改善しました。
  • グラフ編集で、マウスのダブルクリックでキーを追加できるようになりました。
  • グラフ編集で、キーのドラッグによるコピー機能を改善しました。
  • 背景画像の合成設定が簡単におこなえるようになりました。
  • レイアウトで、配置(Distribute)に全ての軸(All Axis)を追加しました。
  • VPRのリフレッシュを改善しました。
  • スライダーの描画を改善しました。
  • グラフ編集で、「前/次のキーへ移動」ショートカットはレイアウトと同じになりました。

LightWave 2015 システム要件


プラットフォーム Windows Macintosh
CPU

Intel Core 2以降もしくはAMD64

Intel プロセッサ

メモリ

64ビット:システムRAM:最小4GB

32ビット:システムRAM:最小2GB

2GB以上(4GB以上を推奨)

OS

64ビット:Windows VistaもしくはWindows 7/8/8.1の64ビット版

32ビット:Windows VistaもしくはWindows 7/8/8.1

※Windows 8.1をご使用されている場合は、LightWave 11.6以上をご使用ください。

Mac OS X 10.6以降

※10.5以下のOS上では正しく起動することができません。必ず10.6以降のOSでご使用ください。

グラフィックカード NVIDIA GeForce 8400シリーズ以上またはATI X1600以上
ディスプレイ解像度 1024 × 768ピクセル以上
推奨: 1280 x 1024 ピクセル以上を推奨
HDD 1GB以上の空き容量(コンテンツインストール時4GB以上必要)
その他 TCP/IPの作動必須
インターネット接続環境必須
ホイール付き3ボタンマウス推奨
オンボードサウンドもしくはサウンドカード推奨
USB ポート(ドングル所有の方)

※LightWave 3Dは、バージョン10より1ライセンスご購入につき、Windows版とMac版の両方のライセンスをご提供させていただくことになりました。