LightWave 2015 FAQ

 

LightWave 2015 に関する全般的なご質問

LightWave 3Dのライセンスやユーザー登録に関する質問

アップグレードサービスについて

その他の質問


LightWave 2015 に関する全般に関するご質問


LightWave 2015 日本語版はいつ頃発売になりますか?

 

・LightWave 2015 日本語版/ダウンロード版:2015年3月3日
・LightWave 2015 日本語版/パッケージ版:2015年3月13日

LightWave 2015 日本語版の体験版はありますか?

 

LightWave 2015 日本語版の体験版は、2015年3月中旬公開予定です。

お急ぎの場合は、米国メーカーのNewTek社より英語版をダウンロードしてご利用ください。
NewTek社 LightWave 3D Group Web

LightWave 2015 日本語版の技術的なサポートはおこなっていますか?

 

はい。技術的なご質問はテクニカルサポートフォームからお送りください。
https://www.dstorm.co.jp/support/mail/mailsup.php
なお、電話による技術的なサポートはおこなっておりません。あらかじめご了承ください。

LightWave 2015 日本語版の動作環境を教えてください。

 

Windows版:Windows Vista(32ビット, 64ビット)、Windows 7(32ビット, 64ビット), Windows 8/8.1(32ビット, 64ビット)
Mac版:Mac OS X 10.6以降

詳細は下記「LightWave 2015 システム要件」をご参照ください。
http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw2015/system.html

LightWave 2015 日本語版は、他のバージョンとの同居は可能ですか?

 

基本的にLightWave 5.6/6.5/7.5/8.5/9.6/10.0/10.1/11/11.5/11.6/2015は、インストール先が異なりますので、各バージョンがサポートしているOS上であれば、同じコンピュータ上で異なったバージョンを同居して利用することができます。
ただし、プラグインのバージョンの混同やHubのような常駐型プログラムの動作のブッキングなど、さまざまな問題が起こる可能性もあります。このため、できる限りひとつのコンピュータにはひとつのバージョンのLightWave 3Dをご使用して頂くことをお勧めいたします。
また、プラグインの中には設定ファイルを特定の場所に持つものがあり、またアップデータが生成する設定ファイルの書き換えを正常に行えない、設定の初期化が無効になる等問題を残すため、完全な同居を保証するものではありません。設定が正常に行われないと、不具合が生じる可能性もございますので、ユーザー様ご自身の責任において試されることを何卒ご了承下さい。

LightWave 2015 日本語版では、ハードウェアキーを利用できますか?

 

はい、利用することができます。
しかし、ソフトウェアライセンスを導入しておりますので、ソフトウェアライセンスにてご利用いただく事をお勧めしております。

Windows版とMac版の両方の環境で利用したいのですが、可能でしょうか?

 

はい。可能です。
LightWave 3Dは、バージョン 10以降より、1ライセンスのご購入に対しまして、Windows 32ビット、64ビット、Mac OS X (32ビット/64ビット共通)の3つのアプリケーションをご提供しております。

LightWave 2015 日本語版の日本語環境について教えてください。

 

●ユーザーインターフェース:
日本語および英語切り替えが可能です。
※ライブラリやスクリプトに関わる「ノード編集」や「プロシージャル」、「スクリプトやプラグイン」機能などの一部の機能については、英語メニュー表示のままにてご提供しております。

●日本語 マニュアル:
LightWave 2015 日本語版には、以下の電子マニュアル(PDF等)が含まれます。

・LightWave 2015 日本語 リファレンスマニュアル(電子マニュアル/PDF)
・LightWave 2015 日本語 新機能ガイド(電子マニュアル/PDF)
・DSプラグインドキュメント
・Expression ビルダー
・LScript関連マニュアル
※製本マニュアルは付属いたしません。

LightWave 2015製本マニュアルは販売していますか?

 

LightWave 2015のマニュアルは電子マニュアルのみのご提供となります。 誠に申し訳ございませんが、現在のところ、製本マニュアルの販売予定はございません。 是非、弊社サイトのラーニングページやチュートリアルページ、学習本ページもご参照くださいますようお願いいたします。

●ラーニングページ
http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw3d/learning.html

●チュートリアルページ
http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw3d/tutorial/index.html

●学習本ページ
http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw3d/books.html

導入を検討しているのですが、製品に関する質問はどこにしたらよいでしょうか?

 

購入前に関するご質問は、下記までお問わせください。

セールス&マーケティング部
電話:03-5211-3208(月〜金 10:00〜18:00 土日祝祭日、年末年始、休業日は除きます)
ファックス:03-5211-0207
e-mail:sales@dstorm.co.jp

購入後のサポート体制を教えてください。

 

LightWave 3Dのテクニカルサポートは、ディストームにユーザー登録をされているお客様に限り、全て無償にて対応させていただいております。

●技術的な質問、使い方等に関するご質問:
下記のURLを通じて、テクニカルサポートまでお問い合わせください。
サポートメールフォーム:https://www.dstorm.co.jp/support/mail/mailsup.php

※LightWave 3Dの使い方に関しましてご質問がございます場合は、できるだけ多くのユーザー様にできるだけ速く正確な回答をさせていただくために、原則としてお電話によるサポートは行っておりません。お手数ですが、上記のURLを通じて、テクニカルサポートまでお問い合わせください。
※テクニカルサポートをご利用いただくには、ユーザー登録が完了している必要がございますので、ご注意下さい。
※電話によるサポートはおこなっておりません。あらかじめご了承ください。

●ご購入後に関するユーザー登録、ライセンス、インストール等に関するご質問:
カスタマーサポート
電話:03-5211-3208(月〜金 10:00〜18:00 祝祭日、年末年始、休業日は除きます)
ファックス:03-5211-0207
e-mail:sales@dstorm.co.jp


LightWave 3Dのライセンスやユーザー登録に関する質問


LightWave 2015のライセンスの取得方法がわかりません。

 

LightWave 3Dのユーザー登録ならびにライセンスの取得方法については、LightWave 3Dのプログラム・ディスク(DVD-ROM)内にある「インストールガイド」をご確認いただくか、または、弊社ウェブサイトにアクセスいただき、「LightWave 関連製品 ユーザー登録/ライセンス取得方法」をご覧ください。

「LightWave 関連製品 ユーザー登録/ライセンス取得方法」サイト
http://www.dstorm.co.jp/support/FAQ/LWFAQ/regist/regist010/

出荷番号、シリアル番号、LightWave ID、ドングル番号とは?

 

ご利用のライセンスやドングルを識別するため、LightWave 3Dの登録情報にはいくつかの番号があります。

●「出荷番号」
パッケージ版をご購入された方は、パッケージに同封の「ユーザー登録フォーム」に記載されております。
ダウンロード版や無償アップグレードの場合は、ご登録されたメールアドレスへお送りさせていただいております「出荷番号のお知らせ」または「ご購入製品に関するお知らせ」または「E@STORM ダウンロード 注文番号:XXXXX」のメールに記載されています。

●「シリアル番号」
パッケージ版をご購入された方は、パッケージに同封の「ユーザー登録フォーム」に記載されております。
ダウンロード版や無償アップグレードの場合は、ご登録されたメールアドレスへお送りさせていただいております「出荷番号のお知らせ」または「ご購入製品に関するお知らせ」または「E@STORM ダウンロード 注文番号:XXXXX」のメールに記載されています。
LightWave 2015を無償提供された方は、NewTek社 LightWave SupportサイトのMy Accountページにてご確認いただけます。

●「LightWave ID番号」
・LightWave 2015を新規でご購入された方は、NewTek社でのご登録の際に、自動でLightWave IDが割り振られます。3桁〜5桁の数字です。
・LightWave 11.x以下の方は、下記「LightWave ID(Product Lock ID)の確認方法」サイトをご参照いただき、LightWave ID(Product Lock ID)の確認を行ってください。こちらも3桁〜5桁の数字です。

LightWave ID(Product Lock ID)の確認方法サイト
http://www.dstorm.co.jp/support/FAQ/LWFAQ/regist/regist010/lwid_check.html

●「ドングル番号」
LightWaveドングルに貼られた白いシールに記載されている「数字のみ」または「LWXXXXX」(LWで始まる数字)です。
※LightWave 11.6 以降を新規でご購入された方は、パッケージにはドングルは含まれておりませんので、このドングル番号は関係ありません。

NewTek社 登録サイトのUser name(ユーザー名)がわからなくなってしまいました。

 

下記のNewTek社LightWave Supportサイトの「Forgot Username」ページにて、ご登録メールアドレスをご入力いただくことによりご確認いただけます。

●NewTek社「Forgot Username」ページ
https://www.lightwave3d.com/forgot_username/

ご登録メールアドレスを入力し、「Send Username」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへ 「LightWave 3D Group Website Username」という件名のメールが届きます。
※「NewTekサイトのユーザー名を忘れた場合」の日本語説明ページはこちらをご参照ください。

NewTek社 登録サイトのパスワードがわからなくなってしまいました。

 

下記のNewTek社LightWave Supportサイトの「Reset Password」ページより、パスワードの再設定が行えます。

●NewTek社「Reset Password」ページ
https://www.lightwave3d.com/reset_password/

ご登録メールアドレスを入力し「Reset Passwored」ボタンを押すと、ご登録メールアドレスへ 「LightWave Website のパスワードリセット」という件名のメールが届きます。 このメールに記載されておりますURLをクリックして、新しいパスワードを設定してください。
※「NewTekサイトのパスワードを忘れた場合」の日本語説明ページはこちらをご参照ください。

LightWave 3Dのライセンスの入力(登録)の方法がわかりません。

 

LightWave 11.5以降より、ソフトウェアライセンスの入力(登録)方法が変更になりました。

これまで、LightWave ID番号をベースに発行される16桁の数字をLightWave 3Dに入力(登録)していましたが、LightWave 11.5以降より、ソフトウェアライセンスをLightWave 3Dのインターフェイス上にドラッグアンドドロップすることで、ライセンスを入力(登録)することができます。

NewTek社でLightWave 2015の登録を完了すると、NewTek社 LightWave SupportサイトのMy AccountページにLightWave 2015用のライセンスファイルがリストされます。 このライセンスファイルをダウンロードし、LightWave 3Dに入力(登録)を行ってください。

※詳しくは、LightWave 3Dのプログラム・ディスク(DVD-ROM)内にある「インストールガイド」をご確認いただくか、下記弊社ウェブに記載の「LightWave 2015 の製品登録手順」の「3.ライセンスの認証方法」をご参照ください。

LightWave 2015 の製品登録手順
http://www.dstorm.co.jp/support/FAQ/LWFAQ/regist/regist010/lw2015regist.html

LightWave 2015のライセンスを入力しても体験版にて起動され利用することができません。

 

まず、LightWave 2015をインストールしたコンピュータが、LightWave 2015の「システム要件」を満たしているかをご確認ください。

以下のフォルダに「LICENSE.LWK」ファイルが保存されているかをご確認ください。

●Windows版
C:\Users\ユーザー名\.NewTek\LightWave\2015.x\licenses
※ユーザー名はWindowsにログインしているユーザー名になります。
※「2015.x」の末尾はマイナーバージョンの数字となります。

●Mac版
ユーザー > ユーザー名 > ライブラリ > Application Support > NewTek > LightWave > 2015.x > licenses
※ユーザー名はMacにログインしているユーザー名になります。 ※「2015.x」の末尾はマイナーバージョンの数字となります。

弊社サポートページの「ライセンスキーを入力しても体験版で起動してしまう」の手順をお試しください。
それでも体験版にて起動してしまう場合は、間違った番号のLightWave IDを入力された可能性がございますため、その場合は、弊社テクニカルサポートまでご連絡ください。

テクニカルサポート:
https://www.dstorm.co.jp/support/mail/mailsup.php
※電話による技術的なサポートはおこなっておりません。あらかじめご了承ください。

LightWave 2015の日本語マニュアルは、どこからアクセスできるのでしょうか?

 

以下の方法にて電子マニュアルにアクセス可能です。

●Windows版の場合
以下の2通りの方法にて電子マニュアルにアクセス可能です。
1. 「スタートアップメニュー」->「すべてのプログラム」->「LightWave 2015.x」->「オンラインドキュメント」からアクセス
2. C:\Program Files\NewTek\LightWave_2015.x\docsよりアクセスすることが可能です。

●Mac版の場合
以下の方法にて電子マニュアルにアクセス可能です。
アプリケーション > NewTek >LightWave_2015.x > docsよりアクセスすることが可能です。

NewTek社の登録サイトにてユーザー登録の際、「LightWave ID」を間違えて入力してしまったのですが、どうしたら良いでしょうか?

 

ディストームよりNewTek社へ、「LightWave ID」の変更および、ライセンスファイルの再発行の申請をさせていただきますので、下記情報をカスタマーサポート宛にメールにてお知らせください。
※ライセンスファイル再発行には、通常3〜5営業日を要しますのでご注意ください。

表題:LightWave ID番号誤入力によるライセンス再発行依頼

・ディストームご登録情報
a. ご登録法人名:
※個人によるご登録の場合は、記載の必要はございません。
b. ご登録氏名:
c. ご登録メールアドレス:
d. LightWave 3D シリアル番号:
※ユーザー登録フォームに貼ってある、A2〜で始まる番号

・NewTek社ご登録情報
e. ご登録氏名:
f. ご登録メールアドレス:
g. User name(ユーザー名):
e. 誤って登録してしまったLightWave ID番号:
f. 正しいLightWave ID番号:

ライセンスキーが分からなくなってしまいました。

 

●LightWave v9以降のライセンスキーは、下記NewTek社 https://www.lightwave3d.com/LightWaveのSupportサイトより、ユーザーログインを行いMy Accountページにリストされている、各バージョンのライセンスファイルをダウンロードしてください。
NewTek社 LightWave Support
https://www.lightwave3d.com/support/

●LightWave v8以前のライセンスキーがご不明な場合は、以下のご情報をディストームカスタマーサポートまでメールにてご連絡ください。
表題:LightWave 永久ライセンスキー再確認依頼

a. ご登録法人名:
※個人によるご登録の場合は、記載の必要はございません。
b. ご登録氏名:
c. ご登録メールアドレス:
以下の情報は、お客様の方でお分かりになるいずれかの情報をお知らせください。
d. ドングル番号:
※ドングルに貼ってある「数字のみ」または、頭に「LW」のついたシールの番号です。
e. 出荷番号:
※パッケージに同梱のユーザー登録フォームに記載されています。


アップグレードサービスについて


LightWave 2015のアップグレード製品と価格を教えてください。

 

◆一般ユーザー様向け
製品名:LightWave 2015 日本語版アップグレード/通常版/ダウンロード
定価:58,800円 (税別)
製品名:LightWave 2015 日本語版アップグレード/通常版/パッケージ
定価:59,800円 (税別)

◆学生・教員版
製品名:LightWave 2015 日本語版アップグレード/学生・教員版
定価:22,000円 (税別)
※パッケージ版のみの販売となります。

◆スクール版
製品名:LightWave 2015 日本語版/スクール版アップグレード
定価:22,000 円 (税別)〜
※パッケージ版のみの販売となります。


アップグレード製品の価格や詳細はこちらよりご確認いただけます。

ご購入は、取扱販売店または弊社オンラインストアからご購入下さい。

現在実施中のLightWave 3Dのアップグレードサービスについて教えてください。

 

LightWave 2015 アップグレードサービスは、国内登録ユーザー向けのサービスです。LightWave 3Dのどのバージョンからもアップグレードを行うことができます。

アップグレードサービス詳細は「LightWave 2015 日本語版 アップグレードサービス」のページをご確認ください。 http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw2015/upgrade/index.html

LightWave 2015 日本語版へのアップグレードの申込み方法を教えてください。

 

LightWave 3D取扱代理店、または、弊社オンラインストア「E@STORM」にてお受けしております。 詳しくは「LightWave 2015 日本語版 アップグレードサービス」のページをご確認ください。

所有しているLightWave 3Dのバージョンや登録状況を確認したいのですが、どのように確認すればよいでしょうか?

 

弊社カスタマーサポート(cs@dstorm.co.jp)まで、下記情報をご連絡いただけましたらご回答させていただきます。

a. ご登録法人名:
※個人によるご登録の場合は、記載の必要はございません。
b. ご登録氏名:
c. ご登録メールアドレス:

以下の情報は、お客様の方でお分かりになるいずれかの情報をお知らせください。
d.ドングル番号:
※ドングルに貼ってある「数字のみ」または、頭に「LW」のついたシールの番号です。
e. 出荷番号:
※パッケージに同梱のユーザー登録フォームに記載されています。
f. LightWave 3D シリアル番号:
※ユーザー登録フォームに貼ってある、A2〜で始まる番号

以前持っていたLightWave 3Dのドングルを紛失してしまったのですが、LightWave 2015へアップグレードすることは可能でしょうか?

 

はい。LightWave 11.5以降よりライセンスシステムが変更になり、ドングルを装着しなくてもソフトウェアライセンスキーのみでLightWave 3Dをご利用になることができるようなりました。このためドングルが無い場合においても、お客様の国内ユーザー登録がされていれば、LightWave 2015へアップグレードすることができます。

現在私が所有しているLightWaveのドングルは、LightWave 2015に対応しているのでしょうか? また対応してない場合は、どのような手続きが必要か教えてください。

 

弊社にお問い合わせいただく前に、「ご利用のドングルについて」のページで、ご所有のドングルの種類をご確認ください。

ご利用のドングルについて」のページにて、お客様のドングルが、LightWave2015に対応していないドングルであった場合は、2013年1月31日以降、ドングル交換サービスは終了いたしておりますため、ドングルを使わず、LightWave 2015を、ソフトウェアライセンスキーにてご利用ください。

※大変恐縮ですが、お客様の特別なご事情でどうしてもUSBドングルが必要な場合は、NewTek社へ相談させていただきますので、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。

私が購入したLightWave 11.6が、LightWave 2015 英語版の無償の権利があるかどうかを確認するにはどうすれば良いでしょうか?

 

2014年11月1日以降に、LightWave 11.6 日本語版(学生・教員版、スクール版、並びに、それらアップグレードを含む)を購入され、ユーザー登録された方は、「LightWave 2015 英語版」のプログラムとライセンスを、更に、2015年3月3日以降より、無償にて「LightWave 2015 日本語版」のプログラムを受け取ることができます。

詳細は「LightWave 2015 日本語版無償配布について」のページをご確認ください。
http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/lw11/full_jpn/

購入日が不明な場合には、お調べ致しますので下記の情報をカスタマーサポート宛(cs@dstorm.co.jp)にメールにてお知らせください。

ご登録名:
出荷番号:
LightWave 11.6シリアル番号:
メールアドレス:


その他の質問


LightWave 2015 を使用するには、全てを一から覚えなおす必要が出てくるのでしょうか?

 

LightWave 2015 は、追加された新機能等によりインターフェースはある程度変更が加えられておりますが、LightWave v9/10/11ユーザー様にとっては、既に慣れ親しんでいるワークフローに基づいて提供されますのでご安心ください。