LightWave 10 ドングル

 

ご利用になられているドングルについて

現在、LightWave 3Dユーザー様がご利用の可能性があるドングルは、(2011年現在)六種類にわたっています。

LightWave 10ではWindows/Mac双方のプラットフォームに対してライセンスキーをご提供いたしておりますが、ドングルの種類によっては、片方のプラットフォームでしか使用できなかったり、プラットフォームによってLightWave IDが異なる可能性がございます。

ドングルが認識しない」「LightWave IDが出てこない」などのトラブルが発生した場合には、まず所有されているドングルの種類をお確かめください。


1. Safe Net Sentinel ドングル(黒)
    (セーフネット センチネル)

2. Safe Net SuperPro ドングル(赤)
    (セーフネット スーパープロ)
3. RAINBOW SuperPro ドングル(紫)
    (レインボー スーパープロ)
4. RAINBOW Duo ドングル(紫)
    (レインボー デュオ)

5. RAINBOW Eve3 ドングル(紫)
    (レインボー イブスリー)

6. RAINBOW パラレルドングル
    (レインボー パラレル)


1. 〜 3. のドングルをお使いの場合

Windows版/Macintosh版、どちらも問題なくご使用いただけます。

4. のドングルをお使いの場合

Windows版/Macintosh版、どちらもご使用いただけますが、LightWave IDが異なります。また Macintosh 版に関して、Macintosh64ビット版とMacintosh32ビット版ではIDが異なり、どちらか一方での利用となります。Macintosh64ビットおよびMacintosh32ビット両方でのご利用を希望される場合は、アップグレードお申込み時にドングル交換付をお申込み下さい。LightWave 10 Macintosh版を32ビットで起動するには、「LightWave 10 Mac版を32ビットで起動するには?」をご覧ください。

5. のドングルをお使いの場合

Windows版ではご使用いただけません。また、Macintosh64ビット版はご使用いただけませんので、Macintosh32ビット版でご使用いただく必要がございます。LightWave 10 Macintosh版を32ビットで起動するには、「LightWave 10 Mac版を32ビットで起動するには?」をご覧ください。

6. のドングルをお使いの場合

Macintosh版ではご使用いただけません。また、Windows版につきましては、弊社内においては動作確認が取れておりますが、LightWave 10 より動作保証外となっております。詳しくは、「LightWave 10 はパラレルドングルで動作しますか?」をご覧ください。

 

ドングルがご使用いただけない場合というのは、LightWave 10がドングルを認識できないという状態にあります。ドングルを認識できないまま、LightWave 10を起動すると、以下のようなパネルが表示されます↓

(英語無償版をご使用になられている場合には、上記GUIのメッセージは全て英語で表記されています)。


ドングル交換

LightWave 10 アップグレードでは、LightWave 10 日本語/通常版アップグレードキットおよびLightWave 10 英語版 to LightWave 10 日本語キットお申し込み時に、同時にドングル交換をお申し込みいただけます。

4. 6. のドングルをお持ちの方で、Macintosh64ビット版およびWindows版もご使用になりたい方は、ドングル交換つきアップグレードをご検討ください。