Inertia plusプラグイン

 
Inertia plusプラグイン



概要

Inertia plus(イナーシアプラス)プラグインは、LightWave に標準で付属している変位(Displacement)プラグインの「イナーシア(Inertia)」をベースとして、ノードによるパラメーター設定やボーン変形への対応などの拡張をおこなったプラグインです。 幅広い分野で映像やアニメーション制作を手掛けている株式会社アイケイアイエフプラス(IKIF+, Inc.)によって、TVアニメ「フェアリーゴーン」のエフェクト用として開発されました。

本プラグインは、LightWave レイアウト上にて、オブジェクトの移動や回転などのアニメーションによって、オブジェクトの中心点から頂点の動きを遅延させることができるプラグインのため、例えば、車のテールランプの尾が伸びるようなアニメーションを簡単に作成することができます。

また、ノードによる制御が可能ですので、プロシージャルノードを利用して頂点の遅延をプロシージャルの模様にするといったことも可能なプラグインです。

このたび、開発者の株式会社アイケイアイエフプラス(IKIF+, Inc.)様のご厚意により、株式会社ディストームのWEBページにおいて本プラグインの無償による公開が実現いたしました。


   

 


プラグイン開発のきっかけ

本プラグインを開発したきっかけを株式会社アイケイアイエフプラス(IKIF+, Inc.)様にお聞きしました。

TVアニメ「フェアリーゴーンの妖精の出現や消滅するエフェクトを実験開発している際に、LightWave に昔から付属している 変位(Displacement)プラグインの Inertia、Lazy_points が使えそうだと考えました。 これらは中心点(Pivot Point)からの距離に応じて頂点の移動を遅らせる事が出来るプラグインですが、ボーン変形、変位マップ(Displacement map)など各種頂点変位後のオブジェクト形状に対して適用する事が出来ないので、これを実現可能にするプラグインが欲しいと考えたのが本プラグインを開発したきっかけです。

更に、LightWave では各種ノードを使用して比較的手軽に複雑な効果を生み出す事が出来るので、本プラグインでも頂点の遅れ具合の設定にノードを使用出来れば、より面白い効果を作成出来そうだと考え、ノード編集機能も追加しました。


   

 


紹介動画

 


ダウンロード

プラグイン名称 Inertia plus(イナーシアプラス)
プラットフォーム Windows 64ビット版のみ
対応バージョン ● LightWave 2015.x
● LightWave 2018.x
● LightWave 2019.x
動作環境 LightWaveの各バージョンの動作環境に準じます。
ダウンロード ※ダウンロードファイルには下記のファイルが含まれております。
・プラグイン本体
    LW2015フォルダ - LightWave 2015 用
    LW2019フォルダ - LightWave 2018 / LightWave 2019 用
・マニュアル(PDF)
・サンプルデータ

注意事項
  • ※ 本プラグインの表示は一部のオプションを除き英語表記になります。
  • ※ 本プラグインに含まれているサンプルデータは、株式会社アイケイアイエフプラス(IKIF+, Inc.)様の著作に帰属します。
    LightWave 3Dの使い方を習得することを目的としてご自由にご利用いただくことはできますが、本サンプルコンテンツを営利目的での転売、または二次的著作物の創作をすることは固く禁じられております。
  • ※ 本プラグインに関する技術的なご質問は受け付けておりませんのでご了承ください。

 


お問い合わせ

本プラグインに関する技術的なご質問は受け付けておりませんことをご了承ください。
なお、ご要望、不具合に関してはテクニカルサポートまでお送りください。